読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

PulseとSeiun更新されてた。

Geek Pulse
まだやってたのか!という感じあるけどPulse。予定より遅れたけどもうじき終わるよ、遅れたお詫びに一部良いパーツに変えた、発送先の住所を確認しておいてね、という内容とあとFWについても言及していて、Vi DACのFWの改良版を出した後、5月にPulseの新しいFW(主にデジタルフィルターらしい)を出す予定とのこと。
個人的にはデジタルフィルタより認識しにくかったりをどうにかしてほしいのだけどこれはもうどうにもならんのかな(それなりに対処はできるようになったけどたまに裏の電源切ったり入れたりがめんどい)。

Seiun
今回は珍しく周辺機器じゃなくSeiun Pro Xについて書かれていたw
1) 5月中には全部送るよとあるが果たして…。それ以外の感想はない。コメントではPHAは含まれんの?ともあったけどその辺はどうなんでしょう。
2) IGGで買った人は今後3年間はCyberdrive製品を50%オフで買えるとのこと。(他は何を作ってるんだったかなあ…。)
3) 返金リクエストには応えていくよ
ということで、まあそんなところで(笑)。返金に関してはなんかメール送ってもなかなか返事してくれないとか返金してくれないとかだったようだけど(自分はしてないのでよく知らない)、そこら辺に対するフォローなんだろうか。Geekは返金には応じてなかったと思うけどどちらも泥沼感ある。



WaveとSeiunどっちが先に届くかな?

LH Labs Geek Out v2+ Discussion Thread - Page 119
LH Labs Geek Out v2+ Discussion Thread - Page 120

Hi, there

We are working on a new firmware update to add the following features for GO V2+

1. Volume control on buttons
2. Smart Gain control via Volume
3. LH Digital Filter version 2.0 (it sounds even better in our point of view)
4. Line-Out mode

When it is ready. Will provided on web site for you to download and test out.

Cheers,
Larry

Geek Out V2+のスレで、ファームウェアでボリュームコントロール、ゲイン切り替え、デジタルフィルター、ラインアウトモードを追加する、対応機種はV2+,Inf.,Sig.,GO2Proだとコメントしていた。持っていないのでよく分かっていないけどボリューム変えられるようになるのか…。トラポの選択肢も広がって良いのかな。まあいつになるかは知りませんが。

ビクターのハイレゾ配信サイトが終了するようで。開始時点ではオリジナル音源の配信や配信して欲しい曲のリクエストを受け付けていたけれど、結局オリジナルのも数枚だけで他と変わらないカタログだったしリクエストもすでに他で配信してる曲ばかりで独自に交渉してくるといったものではなかったから個人的にも微妙な立ち位置かなと思っていた。自分はeonkyo、mora(eonkyoでもソニー系扱うようになってからは買ってないけど)、ototoy、洋楽とかだと安ければhdtracksで買うことが多く、ビクターとかオリコンとかレコチョクとかヤマハのとか知っていてもほとんど買ったことないしなあ。これでハイレゾブームが云々とかではないと思うし(電子書籍でもそんな感じだと思うし)、単に知名度とか使いやすさとかそういう部分かなあと思うけど。

ヘッドフォン祭開催のプレスリリース出て今回はAEONだった。割引価格でのプレオーダーはまだ埋まってないようなので悩む…。すでに海外でのイベントでは出展されてたりして感想やレビューは出ていてそれを読む限りまあなんとなく良さそうではあるし(まあ良かったから感想書いてたりもするだろうがw)、家・リスニング用の密閉ホンも欲しかったりもするし…と思いつつ他にも色々出そうだしなーと残数みながら様子見。

CavalliのサイトでLiquid Carbonだけ売ってたけどそれも売り切れたみたいですがSparkはいつ出るのかしら。Tungstenとどっちが早いのか知らんし、そもそもどっちも聞いたことがないけど。

Opus#3。もうじき出るみたいで、Facebookで写真が公開されて詳細については来週ということだったけど、写真を見る限りmSDは1つっぽいしAK300っぽいボリュームダイヤルだったりというくらいで、中身はもちろんのことフォンアウトとかのところも見えなかったのでよくわからなかった。#3はバーブラウンと言っていたと思うけど、#1,2にならえば3.5mmフォンアウト兼光出力と2.5mmバランスですがこれもそうなのかなあ。1と2の間みたいなことも書いてあったので$1000くらいならいいなあ。DX200は相変わらず在庫復活しない。

マスドロで買ったU5は発送されて31日には来るとかあるけどアメリカの中で小刻みに動いてる感じでほんまに来るんかいなというところ…。

ぷりめいん2

機種はあえて書いていかないスタイル…。

買ったものは海外から輸入したもので昇圧して使っていたけど問い合わせたらフューズ変えたら100Vで使えるよということで音屋で買ったのに交換して火を吹くこともなく無事に再生できた。オーディオ用は\3500とかでちょっと悩む…w ヨドバシだとフルテックともうひとつあってそれぞれロジウムメッキ、金メッキで音の感じも変わりそうなのでまあしばらくして気が向いたら考える。

入力でバリバリとノイズがのってしまうのはやっぱり出力が大きかったからというのが現時点での自分の結論。
PulseのRCAアウトは2.1Vrmsで問題なく、Mojoラインアウトモードでも大丈夫で(これはたしか3Vrmsだったかな?)、これより上げていくとMAXの5Vrmsにいく途中で音割れするのでまあ4Vとかまでなのかなあとか思った。RCAだとだいたいそんな感じなんでしょうかね。まあ若干気持ち悪いけど音割れするのはスレッショルドよりボリューム下げて使うことにする。プリ通さずパワーアンプとして使える入力もあるけど、ヘッドホンアンプと共存させたいというのもモチベーションの一つだったのでそこはちょっとないし、新たにパッシブプリを入れるのはもっとあれだしw。スピーカーは小音量で軽く聞くくらいだし、この程度でまあいいことにする。スピーカー変えたらというのは試せないけどこれもまあいいことにする。

Geek

SourceとPulse Analog Audio Component(このキャンペーンで扱っているのはHPA、パワーアンプ、プリアンプで面倒なので以降Amp表記にします)更新されてた(メモし忘れててちょっと古い)。

  • Source
    • シンガポールのオーディオショウでSource+Vi DACのデモをやったよという報告と写真。横に置いてある真空管アンプはなんだろう。
  • Amp
    • パワーアンプのテスト結果が載っていて、熱くなってしまうのでシャーシを少し大きくするとのこと。次はパイロット版を何人かにテストしてもらってその後生産。次の更新はヘッドホンアンプのようなので楽しみにしてる。(むしろパワーアンプの方が後に出てきたはずなのにどうして…w)


アンプの方は久々の更新だったけど、生産に入るのはSource、Waveの後になるのかしら…。ヘッドホンアンプはアンプ+モジュール5種(+JJの真空管)だったから新しいシステムでサーベイやり直してもたいしたことなかろう。数もそんな多くないだろうし。

……とか思ってたけど15Vにするんだったな。LPS4のアップグレードも覚えていなければ。