swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

Dita Audio / Answer

いやっほー!

IE800とAnswerのどちらかを買おうか悩んでて、在庫ないしIE800買っちゃおうかなという時にAnswerの在庫が復活してまあ次を逃すといつになるかわからないしなと思って通常版(The Answerが正式名称なのかな?)を購入しました。さすがに高い方はキビシイ…。
(最近試聴した時に高音がちょっとしゃりしゃりしててキツ目だけどIE800もいいと思ったし、Answerとは音の傾向・雰囲気が違うのでいつか買うかもしれないです。とりあえずIE800は在庫も今はわりとあるし、IE8を修理に出したっきりでそれが戻ってきて8と800を比べてからでも遅くはないかなというのもありましたので…)

写真とかは特にないのであれですけど、箱は結構大きかった。中身はイヤホンと標準プラグへの変換アダプタと飛行機用のアダプタとイヤピが5種類?とポーチとケースと説明書かな。豪華で高級感があった。

音はまだ少ししか鳴らしてないけどかなり良いと思う。ダイナミックだけどクリアで音場が広くてハウジングが金属だけど音はそこまで金属っぽくもないかなと(まあでもクール系でシンバルとかはカッチリ鳴っている気がする。長時間聴くと聴き疲れするかも?)。低音もしっかり出ていてIE8のようなボヤーッとした感じでもなくC5のようなボムボムと弾力があるような感じではない。すごく引き締まってるかといわれるとあんまり比較できるモノがないのでわからないけど、少なくとも緩い系ではないのではないかと思うけど…どうなんでしょう。試聴だけだけどEX1000はわりと近いかなと思うけどAnswerはあんまり刺さる感じがないし、IE800はもうちょっと中低音がまろやかな感じだと思いますし、いろいろ持ってても使い分けはできそうな気がする。アコースティックなやつとかはもうちょっとゆったり聴きたいかなと思ったりはするけど、オールマイティでなんでも聴けるのはAnswerかなと思う。

好みが分かれそうなところは、

  • 耳掛け式である
  • ケーブルの弾力があって扱うのがちょっとめんどくさそう

なところでしょうか。耳かけ式だけどワイヤーとかフックのたぐいがないので下出し(というか下に垂らす)でも使えなくもなくて家では下出しで使ってたり…。外ですれ違った人にはあの人付け方分かってないと思われるんだろうけどこれが意外としっくりきててつらい…。ケーブルについてはRHAのMA750ほどではないけどゴムっぽい感じだったり、太かったり、分岐まで長かったりは似てるかもしれない。(音についての比較はもう売ってしまって覚えてないのであんまりコメントしませんが、750のほうがもう少ししっとりウォーム系だったような…)

現状専売という感じで試聴できるのも限られてくると思うので持ってる/たもので比較という感じで書いてみたけど、もう少し使ったらまた書くかも。

(文章を一部訂正しました)