swim into the city

気になることなど独り言を垂れ流すblog

Geek Outその2

ちょっと使ってみた感想でも。

  • これは、"この小ささで"というのもぬいてもなかなか良いと思う。そして、個人的にはDSDが聴ける初めての機材だったりなので小さくて便利でいいなと。まあA級アンプということですごい熱くなるんですけどw
  • ちょっと低音多めなのかなと思うけどバランス良くて結構お気に入り。
  • iOSなんかにつないでポータブルDAC/AMPとしてとしてとして使おうとするとボリュームの調整が難しいみたいでそこらへんは新FWが出すみたいでベータ版を試しているようですが僕は入ってないのでノーコメントですw

バグ?

  • あと個人的に思う不具合としては、音源が16/44とか24/48とか24/192とかあってそれを適当に再生してて違うビット数なり周波数のに変わると無音になるというのがあるかなと。これは3Dなんちゃらモードにするためにボリュームを両押しすると音がでるようになるのだけど根本的な解決ではないですよねえ…。ビット数はクロックのせいでカチカチなってこれは多分しょうがないものだと思うんですが、周波数のほうで44.1と48の×NのNが変わるとでなくなるようなので全部アップサンプリング等で揃えるというのが回避法としてはラクかなとは思う。まあアップサンプリングをするということ自体に抵抗が…という人はやめといたらいいと思うけど、これしないと結構使い勝手悪い気がするのでしばらくはこれでやってみようかなと。

個人的には小さくてDSDも聞けてラインアウトもあるということでなかなか使い勝手もよく音も良いのでPulseが楽しみになってきた。Surveyはわりと遅めか真ん中くらいだと思うけど10月には届かないかな…?