読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

Geek IEM その2とインプレッションを取りに行ったお話とか

まだ間に合うかわからないけどGeek IEMがCyber Mondayということで$39+15(送料)の$54で買えて、ちょっと前に200何十ドルで出てたのは間違いだった模様…。まあフォーラムの方で値段については言われてたのかもしれないけど。
……まあなんだかんだ文句は言っているもののGeekファンとしてはこんなの大した額じゃねえ(嘘)っていうことで一応ポチっておきました。まあ小さいドライバーどんなもんかなっていうところの興味で(…ということにしといてください)。


あとインプレッションを取ってきました。耳掃除を適当にすませていったらまあ特に汚いとか言われなかったのでわざわざ耳鼻科に行くとかは必要ではなさそう。抜くとき用の糸のついた綿(奥まで行かないようにするのもあるんでしょうが)を耳に入れてそこにシリコンの元を挿入して数分待って完成みたいな。ここでは割り箸を噛むことになっているようでした。バイトブロックといってそういうのもあるけど、基本的に口が開いた状態になるものだったら何でも良いのかしら。まあ左耳のを抜いた時にちょっと血が出ててしまったけど特に痛いとか聞こえが悪くなったとかはないのでまあ大丈夫だと思います。
インプレッションについて疑問に思っていたことを少し聞いたけど、インプレッションは1ヶ月くらいしか保たないみたいなことを言われたので(実際はよくわかんないけど。須山さんとかは違うことを行っていたような気も…)、いつかまた別のメーカーのを買うかもしれないと思って複数とってもしょうがなさそうだったので今回は一つだけに(血も出てましたしw)。いったんラボに送ったあとは2年くらいインプレを保存しててくれるようなので、同じメーカーで別モデルを買ったりするときとかは便利ですな。
あとリフィットに関しての説明がいまいちよくわからなかった。明細だかをみせろみたいなことだったけど、初カスタムなのでどういうものが付属してくるかとかがわからないので、届いたものが合わないとなった時にはメーカー直で買ってるから直接サポートセンターにメールで聞いたりすると思うので、販売店なりをはさまないので証明書だかの件がよくわからんです。まあとりあえずはちゃんとラボにインプレが届いてピッタリのものができるのを祈るばかりだけど。あと1964はなんか遮音性はいまいちらしいのがちょっと謎ねw

カスタムは買わないと何度も誓っていたけど、ブラックフライデーで安くなってて、円安で普段の時に買うのはもう無理かなと思って、やっぱりひとつくらいは試してみたい・持ってみたいというのが勝ってしまいポチってしまいましたがどうなりますやら。とりわけモデルの選定が。今回は10万オーバーのは全然買う気にならなくて、個人的にはあとMentorはいずれ欲しいなとは思ってますがこっちはけっこう高いからまた別のセールでもやってくれた時かな〜。UMのユニバで出た機種のカスタム化とかその辺の噂も耳にしていて、まだそっちも聞いてなくていけなかったです。

Geek Pulse Xfiはまだ来ないけど中古のバランスアンプを買ってしまったことで、ヘッドホン系でやりたいことはわりと出来てて、もちろんケーブルや電源をアップグレードしていくとかもちろんあるんだけど基本的にはあとはHE-560をバランスで聞くとか、ヘッドホンケーブルをSilverDragonなりちょっと高いやつにしてみるとかは残ってるけどこのへんが目標で、キリがないなかでもはわりと満足なところまでは来ている気はする…。でもそうでもないのかねえ。