swim into the city

ひっそり独り言を垂れ流すblog

L5雑記

一昨日注文、昨日発送、今日着弾。香港からなぜ1日で届くんだww


…それはともかく入っていたFWは1.0.0.4でめんどくさいので他のは使ってない。使い始めてまだ少しなので音の感想とかはあれですけど少しだけ。

  • 重くて、角ばってるのがちょっと気になるところ
  • 高音よりだけど思っていたより低音もでていて音場は広めでバランスは良い気がする。艶っぽさとかウォーム感はあまりない。とはいえFWで結構変わっているらしいので今後はよくしらない(一つ前の方は低音あんまり出てなくてボーカルが遠いらしいし)。
  • ゲインは5段階で切り替えられるけど、普段から大きめの音で聞く人だと物足りない機種や曲はでてくるかも。個人的にはほぼMaxでLCD-2は不満なく聴けるくらいなのでHiFiMANのとか以外はまあ聴けるとは思うけど。

Head-Fiのスレを最初から読むとバグとか載ってるんで気になる人は読んだらいいと思いますが、ちょっと使ってみて個人的に気になるところとか。……というにはたくさんありすぎて実用できるようになるにはあと何回更新されるのを待てばよいのだろう…(苦笑

  • 今のところAIFFは認識されなくて(SDには入っていても"no file"と出る)、wavかalacかflacあたりは読めるようだけど(圧縮音源や他の形式はよくわからんす)、wavのハイレゾだとなぜか次の曲に行く時にノイズが入ったりなので(とりあえずmoraで買った24/96のflacをwavにした花澤香菜Blue avenue』とか寿美菜子『Tick』は出てしまう… タグを入れなかったやつはノイズなかったのでこれがいけなかったっぽいな…。やり直すか…。 *1 )、今のところはalacかflacが無難な気がする。FWの更新履歴見ると32bitを修正したとかあったけどwavあかんかったらほぼ聴けんやん。
  • DSDは持っていたのがeufoniusのしかなかったけど2Lで落としてきたやつも試した。ネイティブかどうかはわからないけど(HPみるとネイティブっぽいけど読めない)、DSD64は再生できてDSD128はできなかった。PAWでタグが入ってるとノイズがとかあったけど再生すらできないからそのへんは関係ないっぽい?
  • タッチパネルなのでついスクロールとかやってしまうけどタッチのみなのがやはりとまどう。でもいざとなれば物理キーのみでけっこう操作できる。
  • フォルダをたどるだけで、個人的にはこれで充分なんだけど普通にやっただけだと順番がおかしくなって、microSDに音楽ファイルを入れたり消したりしたあとにUMSSortとかを使って中をアルファベット順にする必要がある。(昔使っていたT51というDAPもそうだったなあ…と懐かしさに浸る)。
  • 今のところプレイリストとかないっぽいのでそういう使い方する人はご注意を。僕は使わないのでいいけど。
  • あとSD→microSDの変換アダプタは使えた。…のだけど256GBのに入ってるのはほぼAIFFで入れなおすのもめんどいしX5でも使いたかったので対応するまで待とう。

最近はCDもハイレゾAIFFで取り込んでて今のところこれが使えないのが痛いかなー。

ここのところポータブルはX5+アンプでしたがL5単体でもなかなか良い。単体同士で比べてもL5の方が分離もよくクリアな感じで良いかな。重いのでポタアン重ねるかはあれだけどこれだったら単体で充分か。

ただ、ぼちぼちでるAune M2というのも同じDACチップ使ってるようでAK4490のプレーヤーが欲しいという人はそっちを待ってもいい気はするし、これにするにしても音はいいんだけどFW更新されてもうちょっとまともに動くようになってからでも遅くはない気がする。久しぶりに中華感を味わっているけど(笑)、音的には個人的なところとしてはDAPはそんなに味ついてなくてアンプとかイヤホン・ヘッドホンで変えたいタイプ(?)なのですっきりしていてわりと好き……かも。まあFWとともに今後どうなっていくか乞うご期待!

*1:XLDの設定でwavでタグを両方書き込むにしていたのをはずしたということです