swim into the city

気になることなど独り言を垂れ流すblog

L5雑記その2

とりあえず試してみたことなどメモ。

  • Macじゃない人には関係ないかもしれないけどリッピングにはXLD使うんですが、CDでもハイレゾでもwavでノイズがでるのはXLDのwavの設定でid3チャンクをオンにした時だった。なので、タグをつけない・INFOのみであればノイズはのらなかった。そもそもid3 チャンク自体非公式なものだったのでまあそうかーという感じかな。
  • DSD128に関してはmp3tagでタグを消しても再生できなかったのでこれはバグでしょうかね。DACチップ的には対応しているはずだししばらく対応待ち。
  • wavの32bit float(32/48)は再生できた。浜崎あゆみではなく前に予約のおまけでもらったやつですが。

まあファイルとかで試すとしたらあとはFWの音の違いとかかな。まあ気が向いたらやってみます(しょうがないからalac入れてたんだけど、これは最新ver.から対応しだしたのもあり古いのにしちゃうと聴けなくなっちゃうのでなんかもうやる気なくなる)。
俺はどのファイル形式で音楽ライブラリを作ればいいんだ…。

[追記]
なんとなく感じは分かってきたかな?というところで、X5と比べると高音よりなのもあって伸びとかクリア感を感じられて音自体は良いと思う。ハイよりではあるけど変な癖とかはないが、やや明るめの音でニュートラルといえばニュートラルやけどちょっと派手かも。

ポタでDSD再生はできないよりはできたらいいなくらいだけど32bitはそれよりは聴くかなーとは思うしもっと音源も出てほしいと思ってるのでその点ではPCM1792だとできない部分なのでこれはこれで良かった感じでしょうか。音量取りにくいやつだとやっぱりちょっと物足りないかも。というかanswerなんだけどこんなに音量取れなかったっけ?