読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

雑記16

SHUREのアンプっぽいのはたんなるアンプではなくコンデンサーイヤホンのアンプでしたか…。タイミング等々とにかく自分の中では予想外だったけれど、マイク作ってるところだったしなくはないのか…。ゼンハイザーのOrpheusにせよSHUREの今回のにせよマイクも扱っているメーカーのフラッグシップがコンデンサー型というのはこっちの方が優位とメーカーは考えているのだろうか。音楽をどう聴かせるかとかそのメーカーの音作りとか値段等々あるとおもうので単純ではないでしょうが。
STAXはポータブル用のは出てるけど密閉型イヤースピーカーを作る技術はあるのかなあと思いつつKing soundのほうが早かったりするのかな。専用のDAC/AMPが必要だったりリケーブル出来ないとかはコンデンサー型というのを考えればそうかなって感じなのでそこはネガティブに思ってないのだけど(ライン入力ありますし)、やはり値段が…w でも一度くらいは聴いてみたいなというところ。

多BAで何十万というのはうーんって感じはあるけどこれは素直にすごいの出たなーという感想。音はよく知らないですけどw

どうでもいいけどこれに付属のLightning-microUSBのアダプターがあればMojoへの接続も簡単になるのかしら。


最初に買った高いイヤホンがe4cだったので少しだけ思い入れはありつつ、この10年でだいぶ変わってしまったなーというのも感じる。