読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

L5Pro firmware 1.0.0.9&1.0.1.0

L5Pro L5

(追)
いまさらですが公式サイトに新しいFWが載っていたので追記ですが冒頭に書き足しておきます。
http://www.luxuryprecision.net/xiazai/
日付は明らかに前のバージョンのやつでは…wというのはあれとして、変更点のジャケットのはcover.jpgとfolder.jpgのようですね。じつはpngとかも出来たりするのかしらと思いつつそこまでやる気力はなし(Amazonで拾ってもjpgだしなあ)。公式サイトはbaiduからで下に貼ったリンクはDropboxからなのでお好きな方をどうぞ。
個人的には1.0.1.0にしましたがL5からわりと操作は慣れているので操作自体はあんまり困っていなくて、AIFFとかaacとかMacでよく使うようなファイルがいまだに再生できないのが一番困っているところでしょうか。iTunesから買ったaacファイルもありますし。他の人のコメントを見るとこのバージョンでもflacのハイサンプリングレートなものでは再生がうまくいかなかったりするようで、何曲か試した時にスロー再生みたいになったりしたのもあったしflacもずっとよくないですねw なんならうまくいくんだよ!wって感じですがこのプレーヤーでは黙ってwavを使うのが良いのかもしれない…。
(/追)



New and Improved* Luxury & Precision L5 PRO 32bit DSD DAP with AKM AK4490, touch screen, rosewood blackplate - Page 84
L&P公式サイトではないけどいつもの人が上げていた。公式じゃないのは…とかその辺が気になる人は少し待ったほうがいいかも。ちなみに日本代理店のサイラスは0.5で止まったままでした。


アップデートの際の注意点は、

  • 必ず0.9を先に入れてから1.0にする(0.9にはどのバージョンからでも上げられる)
  • 1.0からダウングレードはするな(理由は後述)

とのこと。

内容は、

  1. Fixed playback problem with some DXD and FLAC files with high compression rate.
  2. Fixed indexing problems caused by a hidden file created by apple computers.
  3. More accurate battery indication.
  4. Fixed noise problem when changing between WAV songs.
  5. External artwork support.
  6. A lot of backend changes prepping the device for upcoming AAC support and maybe touch swiping.(date still TBD)

で、

  1. DXDとflacのハイサンプリングレートのファイルを再生した時のバグ修正
  2. Macを使った時に作られるゴミみたいな隠しファイルの修正
  3. より正確なバッテリー表示
  4. WAVファイルを切り替えた時のノイズの修正
  5. 外部アートワークを表示できるようにした(cover.jpgとか入れとくと表示されるとかかな?具体的なファイル名は書かれていないのでよくわからん)
  6. AACファイルとスワイプに対応するためにプログラムをたくさん変更した

とのこと。
後述としたものは、最後の項目の次のFWのための準備で中身をいろいろいじってあるからということらしい。”らしい”とかだったりするのはまだ入れていないからなのですが、今回の分だったらパスしても良いかなあという気もしますけどいずれ上げることになるので一応上げておきますかね。前のFWと音が違っていても引き返せないがw

今度は失敗しないようにしないと…。