読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

スノハレ

ラブライブの初期の曲の32bit integer版が出てたのでスノハレだけ購入。最初のシャンシャンシャンのところから違いはあると思ったけどこれは32bitにしたからなのかリマスタリングしたからなのかわからなくて困る(32bitに限らずどれもそうやけど。きっとどれも後者なのだろうなあ…)。

32bit float音源はOTOTOYでたまにあったけどintegerは初っぽい? そして自分は違いをよく分かってない。flacは24bitまでだったけどaiffとalacは32bit integerに対応していた気がするのでfloatより扱いやすいみたいなところもあるんだろうか(いやよく知らない)。音質的に違いがどうなのかもよく知らない。
リファレンスでこの機器を使ってますみたいなのは正直うーんというかメーカーの何かを感じてしまうのでせめてネイティブ再生を確認したとかその辺にならなかったのかなーとか。
L5でも32bit音源は鳴っているけど不具合多い機種だしスペック表通りに動いてるとも思えないのでネイティブなのかわからない…w とはいえダウンコンバートはされているんだろうけどX5でも再生できていたので今後も同じ値段であればラブライブに限らず32bit版を買っていくとはおもう。


アニソンオーディオか何かで、アニソンのハイレゾ配信はラブライブからである程度数を出して蓄積されたものもあるから初期に出したものもやり直したいとか見たような気がするのでそうですかーって感じもあるんだけど、昼くらいに劇場版まで全部というニュースが出ていて、ラブライブの歌にそんなカタログ的な魅力があるのかーとあまりハマってない人的には思ったのでした。超名盤とかそういう類はその時代の最新技術で出してみるというのはいいと思うけど果たして…。