読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swim into the city

オーディオの苦悩を垂れ流すblog

カシオペアの過去アルバムが(たぶん)全部24/96とDSD64で出てたけど『Mint Jams』は16/44.1からとかでちょっとがっかりした…とか思ってたらインタビュー記事があってそこら辺も少し語られていた。
連載『厳選 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』 第37回 - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】
最後のところで、アナログマスターからはDSDを作ってそこからPCMハイレゾを作っていて(変換しただけじゃなくそのあとまたいじっているらしい)、デジタルマスターからはDA/AD変換してPCMハイレゾを作りそこからDSDと先にできてるものが違うのでどっちを買ったらいいかは後編で!っていうオチやったんで後編を待ちますw
リマスターはそれはそれで良くなってそうな気もするし興味はあるけど新譜の方を優先かなー。とかいいつつあんまり最近音源買ってないのですが。
スクエアはSACDも出してたしDSDとか出すとなってもそんなに驚きはなかったし、DIMENSIONは24/96だけだったけどバーニーなんちゃらのリマスターで26枚目くらいまではハイレゾ出してたし(その時の新譜は『27』だったけどそれ以降はブルースペックCDだったかな。どうせやったら時間置いて『27』以降も出したらいいと思うけど)、これでJ-Fusion(…というのかはしらないけど)の大御所のハイレゾ出揃ったんやなあとただそれだけの感想を書くという記事でしたw