swim into the city

気になることなど独り言を垂れ流すblog

Roonを2ヶ月試してみて

昨年の終わりからクーポンを使うことで2ヶ月の試用期間を得たので基本的に自宅ではRoonを使って音楽再生することにしていた。Roonといっても色んな機能をまとめてRoonと呼んでいるわけですし、個別の役割にかんしてどういうふうに割り振り使っていくかと使いこなしの部分も多少あるのでここでは自分の知識の足りなさ等から深くは言及しないことにします。NWPに詳しい方の記事など見てもらったら良いと思います(他力本願

はじめに

以下はNWPなどあんまり詳しくない中の人が思ったこととかを書いてみることにするので用語など間違っていても温かい気持ちで(笑。
話を始める前に自分がどういうリスニングスタイルだったかということを書いておくと、元々は自分の好きな曲を延々と聴くというリスニングスタイルでした。好きなCD・曲を延々と飽きるまで聴くというか(笑)。ただ、ここ数年はJazz/Fusion/AORなど古いものとかも聴くようになって*1、洋楽…とりわけポップスやロックなどは今もそれほど聞かないけれどJazzっぽいのとかそれ以外でも聴く音楽を広げようかなと思いspotifyに入り、今はCDクオリティでも聞けるというのでTIDALのみに加入しています。で、TIDAL単独でも十分楽しいですけれど、これにRoonを足したらどうかなというので去年の12月に試しだしたわけであります。

導入

導入自体はシンプルにやろうと思えばPCにRoonのアプリ入れるだけで良いのだと思います。最初は無料期間があり、その後継続するなら1年契約($119)か永年契約($499)のメンバーシップ登録をするという形に。期限が切れる3日前から切れますよと表示されるけど自動更新みたいなのにはならなかった。

Core

手持ち音源をライブラリ化するだけでなくTIDALで登録した曲も一緒にライブラリに構築される。例えばこれはAmarraではそうなるけど、Audirvana+はローカルのものとTIDALのものは別れていますね。
あと1番のメリットでありデメリットでもあるのはデータベースは基本的にRoonのものを使うということでしょうか。もちろん設定でこの歌手は自分のタグを読み込んでねとかできるのであれですけど、適当になってると漢字でいれててもローマ字表記に変わっているとか自分が設定したものじゃないアートワークになっているというのが一部であったりここは自分ルールできっちり管理できてる人には余計なことすんな!と思うところだと思います(笑)。まあ繰り返しになりますが設定でうまく処理すればいいのですが。

実際の運用

(Roon ReadyといったりBridge、endpointといったり複数呼び名があったりしますが間違っているようならお知らせください。。。)
実際の運用としてはMac miniにRoon(いわゆる全部入り)をインストールして(音源はNASに入れたものを)、これをRoon Coreとして使う。Mac miniにはUSBDACを直結してるのでそこからRoonアプリで再生して基本的な再生はこれだけ。再生コントロールはPCアプリまたはiPhone,タブレットからでも。この他にラズパイ(OS:Ropieee)にラズパイ用のDACモジュールをつけてこれをRoon Reeadyとして使う、別のWinパソコンにGeek Outとか適当なUSBDAC挿してRoonをいれてこれもRoon Readyとして使っていました。これは例えばノートパソコンにいれたRoonアプリから他のRoon Readyの再生のコントロールなどができるし(この場合Mac mini,ラズパイ,Win)、これもRoonがMac、WIn、iOSAndroidLinuxNAS用等にアプリケーションを用意していてそういう壁がないからできることでもある(もちろんそれぞれがすべての機能が使えるわけではないが)。ということでハード、OSに依らないいう汎用性も個人的にはポイントが高かった。
TIDALとローカルのライブラリを一緒にできることや、このアーティストはこのアルバムでギター弾いてましたとかいうのはそれも聴いてみようかなという気持ちになるしとても楽しいものだったし、このアーティストのフォロワーにはこういう人がいるとかそういうのも出て広がっていくのも楽しい。

再生

自分の設定がうまくいっていないという根本的なところがあったかもしれませんが、ついでに音楽再生アプリとして一言。音質については特になし。HQPlayerを買っていると何かを使って高音質化させられるようですがそこは試していない。
基本的には使いやすいかなとは思うけれど個人的に気になったところを書くと(他の人はどう思っているのかは知りませんがw)、
Pros.

  • lastfmと連携できるので個人的には良い
  • 単曲Repeatがある
  • RAATという独自のプロトコルを用いているせいか、再生に関して一時停止にした状態でも排他モードが切れてRoonじゃない他のアプリのアプリから音が出せる。Audirvanaなど排他モードで一時停止にしとくと他のアプリの音がでない(排他モードなのでそういうものですが)、その割に停止ボタンがないというものが多くてそういったものには使いにくさを覚えていたけど、このRoonに関してはそこに関しては問題ないので良い。

Cons.

  • あるアルバムを再生しようと思ったときに、例えば12曲入りのアルバムの8曲目から再生しだして8-9-10-11-12-1-2とアルバムの最後の曲までいったら1曲目に戻って欲しいところが、8曲目の再生を押すと8-……-12-8-…と8曲目から最後の曲までしか再生キューに入ってくれなくてそこだけのループになってしまうのが使いにくかった。一回全曲再生して再生キューから好きな曲のところから再生をすればできたけれど一手間かかるかなあとか。
  • 結局Roonを使おうとすると現状Mac miniなりIntel NUCだったりもっとオーディオ向けPCのようなものとかパソコン的なものを導入しなければいけない。NASでもRoon使えるものもあるようですが対応のNASはパソコンより高いようなのが多いので今の値段とかではあんまり実用的じゃないかなと勝手に思っている。
  • スマホタブレットでもスマホビューなものとかだとRoonアプリでアーティストとか選ぶのが検索打ち込まないとひたすらスクロールしていくことになりちょっとしんどいかなと。iPadなりそこそこ大きな画面のタブレットは必要。(というかHuaweiのMediaPad M3 Liteがアス比が特殊なだけかも。。。)

まとめ

Roonは使っていて基本的に楽しい経験だったので継続したいところではあるのだけど、いくつかネガティブなところとしては、やっぱりライセンス料が少し高い気もするし永年は5年先の音楽鑑賞スタイルはどうなってるかなと不確定であることに加えて、今度発売されるIOのオーディオNASにUSBDAC直結してOpenhomeアプリでというのも再生スタイルとしては気になるところで、これだとRoon出てくるところないしというのでちょっと迷う(あのNASはRoon Readyにはならんよなあ…)。
あとはNWP的なものを導入するといった時に、Roonを使うとなると結局PCを付けていないといけないのでそれだったらPCオーディオでいいのではないかとか、NWPのメリットでいえばPCレスでできるというところだと思うのでなんかモヤッとするところがあるかなとw PC使うのであればAudirvanaもNWP的な機能がついてopenhomeなものの再生コントロールもできるようですし。(ただこれもインストールしてるMacを起動していないといけないけれど)
…などなどもにょもにょしつつも、とりあえずRoon1年継続&そのうちIOのNAS導入して色々試してみるのがいいかなと思っているところです(直近でいえばあとAudirvanaのWindows版とSoundgenicが出てから色々導入しようかなというところ)。

*1:某声優さんのライブでお着替えタイムにバックバンドでFusionっぽい曲を演奏するパートがあり興味を持ったことがちゃんと聴くようになったきっかけだったりもしますw

www.youtube.com
Hiby R3。小さくてTIDALいけるようなのでとても欲しい(他のストリーミングサービスも使えるようにとは書いていたけどとりあえずTIDALが動いてくれればありがたい)。詳しい仕様はわからないけどきっとUSBポートからデジタル出力もあるのだろうし旧正月明けにということなので楽しみに待つことにする。(たぶんこっそり買ってしまいそう…)

https://www.fujiya-avic.jp/products/list.php?mode=search&category_id=&name=focal (フジヤで”focal”で検索しただけ)
focalのヘッドホン価格改定されたのだろうか。まあ海外の価格と比べて…というのはよく見かけましたけど(業務用はまた別の代理店のようでそっちのClear Proが安かったものだからまたややこしくなっていたがw)、そのへんもあって下げたのかしら。プレスリリースとか見かけてないしプライスタグ間違えてましたということかもしらんのであれですけど
……と実は昨日書いていたけど価格改定の案内出てた。UTOPIAは12万円下がるのか…買えんけど。Clearは出たばかりという感じだけど下がるし、さらに10%オフになるのでほぼ旧Elearの値段で買えてしまうのね。代理店代わってすぐにはこの価格にできなかったのか!という気もするけどClearいいなあ。さくっと買えるならマスドロのElexでもいいがw (Clear、Elexの方がバランスケーブルとかついてて個人的には好ましい)
…あとZMFの一部製品の在庫があってバーンドチェリーのEIKONもちょっと欲しいけどやっぱりなかなかお高い…。focalもあれだったけどこっちもあれよね。

自分だけの音を見つける。 finalが提案する新しいイヤホンの在り方”Make" | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)
ハイブリッドのMake2は1番安いのは終わっていたのね。3月の終わりまでなので残り数を眺めつつMake1ポチるかもうちょっと悩む。

修理に出すといいつつまだ出していなかったLiquid Carbonを修理に出した。ボリューム回していくと途中からノイズがのるというのがあったけどそれが自分の電源周りの問題なのかケーブルの接続の問題とかなのかもよくわからないし1stロットのはちょこちょこ不具合あるというのも見てたので一応診てもらうことにした。Cavalli Audioが廃業する前に出しておけば…というのは強く思うけどしょうがない…。

あと、マスドロのCavalli Tube Hybrid Ampについて、今ニュージャージーの倉庫に送られてる途中で届いたらクオリティチェックをして2/27には発送の予定とあった。クラウドファンディングとは違うけど、当初の予定通りですごい…w
(でもDHLだし受け取れるのは3月中旬かな…)

ポタ研2018冬に行ってきた

行かない予定だったけど色々あってポタ研行ってきた。14時くらいから最後までではあったけどポタ研はヘッドフォン祭とは違って1フロアでの開催なので気になるところは回れたかなあと。元々行かない予定だったのでイヤホンやプレーヤーはちょっと気合入ってない感じになってしまったのでまたイベントの時やお店に行って聞きたいところ…。
物販はパスしたけど、webで公開されたリストに値段載ってなかったし会場で配ってる一覧表貰ってくるべきでした。

長いのでたたんでおきます。

(追)
このイベントのこの時は…というものなので別の日には違う感想になるかも…という注を書き忘れ。

続きを読む

www.youtube.com
今度のCanJamの目玉製品の紹介動画。ざっと見た感じ新製品だと、Campfire AudioのCASCADE(公式サイトではもう発売している)とMeze AudioのEMPYREANとXI AUDIOの新ヘッドフォンアンプのBROADWAY($2299)とあとSTAXのポータブルドライバー(据置きドライバー用の5pinのコネクタになっている)のが気になったかなあと。この間のポタ研でA2Pがポータブルのを出していたけど本家が出してくるか…という感じある。ただ、何年か前の海外のショウで据置きのDAC付きのドライバーを展示していたけどそれも発売されていないから発売されるかは知らないw MezeのはIsodynamicという名称だけど動画ではPlanarと言っていた気もするし値段とか細かいことは出てないけど少し気にしておく。


ということでこの辺は春のヘッドフォン祭に登場という感じになるんでしょうかね。

Geek

Wave#169とPulse#230とAnalog#36更新された。

  • Beta Board Internal Testing Pictures : LH Labs
    • 先週受け取った新しい基板のテスト中。次に違う基板に違う電圧をかけてテストする必要もありそのあとでSoM、ストレージ、液晶をつけて、ソフトウェアのテストをする。
    • ソフトウェアの方がどういうスケジュールかは自分(Jarek)はよくわからないけど、わかったらまた写真も含めてアップデートする。
    • いつ発送できるかはわからないけど、できるだけスペシャルなものにしようとがんばってる。詳しいことが分かったらまたお知らせする。
  • Waveでオーダーに関してメール来た人もいるようだけど自分のところにはきていないので、オーダーしたものに依ってなのかもよくわからないのでこれ以上はコメントない。
  • Pulse Production Update 2/10/18 : LH Labs
    • PulseのPCBの生産は2月第3週から始まる。まず最初に50個作る予定で生産には15日かかる。そこからラボに送って組み立てて…とやるのであと2ヶ月くらいはかかる。
    • Pulseの発送は94%は終わっていて残りは約130ユニットで、1stバッチとして最初の50個が終わってから2ndバッチなのでそちらが始まったらまたUpdateする。
    • 生産してないのかと質問をたくさん受けるけど、前の工場で作った物のクオリティが悪くそこでの生産を中止してフラッグシップであるDa Vinci DACの工場に変えたことが遅れた理由。PCBやファームウェアの以前までの問題は次の生産から解消される見込み。
  • Analog Campaign Update : LH Labs
    • 簡単なUpdateだけど、
    • 1.Analog campaign製品の生産はどうなってるの?→まずパワーアンプを作ってからヘッドホンアンプ、プリアンプの順番で作るけど、パワーアンプはシャーシとPCBの生産待ちで、HPAとプリアンプはまだプロトタイプ。
    • 2.なぜこのcampaignは他のものより遅いの?→数が少ないから。残りのcampaignの発送が終わったらこれに取り掛かる。

HPAは今年中も無理ではw(サクッと他のバランスアンプに行ってしまうか)

やっと…

去年の3月にオーダーしたけれど延び延びになっていたEchoboxのNOMADやっと発送された。待っている間にゲットしていた人もいてなんかモヤモヤというか、在庫あるなら送ってくれよと問い合わせてもすぐ送るよという返事だったので、待つ→来ない→一ヶ月くらい経って問い合わせる→いついつに送る→待つ→…のループに入ってしまい、むちゃくちゃ頻繁に問い合わせたわけではないけど何だかなあと。段々気合いもなくなっていったし(苦笑)。最近連絡してたサポートのCoreyはちゃんと対応してくれたので良かった…。

あとオーダーした時はapple用・android用・リモコンなしの3種あってリモコンなしを選んでいたけど、今は扱わなくなっていたのでそれも遅れた要因なんだろうか…。いつだかのイベントで中の人がオーディオ用の…というかいいケーブルもオプションで出せたらと言ってたけどまあしょうがない。

ということで一応UPSの番号は送られて来て動き出したのでこれは終わりが近いかなあというところでは良かったか…。これで違うものが送られてきたとか不良品だったとかだとまたアレだがw


まあこれD型なんですけど個人的には今1BAの波が来てるのでタイミングアレやなあと思っている…w まあでも普通に良いイヤホンだったと思うし(回想)、もちろん楽しみにはしてるんですけど。

雑記

Wave更新(#168)きてた。


以下適当に…。

  • Cascade – Campfire Audio
    • Campfire Audioの初ヘッドホン。ポータブルっぽく折りたたみ機構がついていたりはするけどコネクタはHD800と同じものだったりでポータブル用なのか家用なのかは微妙なところ。値段は$800と手頃ではあるか(やや麻痺)。直でたしか買えたのでもうポチってる人もいるんだろうけど、新規だし試聴・試着してみないとはまるかわからないので様子見。値段的にも競合するのは、最近のだとAEON FLOWとかかなとも思うけれど実力的にはどんなもんなんでしょう。(イヤホンそんなに好みではないメーカーなのでちょっと懐疑的ではあると思います)
  • Liberty DAC
    • Brooklynよりもさらに機能を絞ってデスクトップで使うには良さげな大きさだったり機能だったりで約$1000。ヘッドホンアウトは1つになってバランスは難しそうだけど、リアにRCAの他に(XLRではなく)TRSでバランス出力はできるっぽいのでバランスヘッドホンアンプと繋げて…というところでしょうか。これも12VDCの外部LPSにも対応ということで、フェムトクロックだったりクロック入力は省かれてたりしてもいい*1、フォノ入力だとかのアナログ入力なんて必要ないという人はこれでも良さそう。
  • RME ADI-2 DAC Thread | Head-Fi.org
    • この間のAV WATCHでも触れられていたけどRMEのADI2 PROのADC機能を省いたもので$1000くらいらしい。音楽聞くだけという人向けではあるんだけどこれも本体からは標準ジャックは減ってミニジャックになっているようだから単体でのヘッドホンのバランス駆動はできなくなるのかな?ただこちらは普通にXLRアウトがあるのでその意味では使いやすいのかな。あんまり仕様とかDACの部分の細かい所も把握してないのでまあこんなのもというところで。
  • 今売っているNET AUDIOの巻頭にVi DACとかLH関係の記事が載っていてちょこっと感動したw バリュートレードの扱いというのは前のヘッドフォン祭のときもそうだったけど、そこからあんまり進展していないように見えるのが不安なところ(発売日とか値段とか)。
    あとアイ・オーから今度出るNASの特集とかもあり、どういうシステムにしたら便利でラクかなあというのを考えていたりもするし、話題のiFIのコンセントにさすやつはうちは2ピンなのでさせないと思うのでパスだけど、海外・中華クリーン電源とかどうなのかな、入れないよりは入れたほうがいいのかな…とかケーブル周りとかそういうのも含めてネットワーク的にしていくか、いやいやPCメインでやっていくのかとか考え中です。(NASに関しては単に音源入れるだけでも欲しかったりはするので発売日には買わないけどいつかいずれかのモデルを買いたい…)
  • 結局Liquid Carbonは修理に出すことにした。回した所でノイズまじるのがねえ。梱包は終わったのであとは郵便局に持っていくだけ…。
  • NIDEONの300のケーブルはストックがなくなりそうなのでオーダーするならお早めにとはあったけどなかなか手が出ない。それと、ブラウン鞘の3.5mmのプラグは段がなくてスマホとかのケースと干渉してしまうということで、段のあるのも併売するそうですが(一部ここで書いた気もするな…)、そういえば3.5mm4極のプラグの試作品はどうなったんだろう。もう製品化されたのかな…。まあまだどの端子を主にするかという点がいまだに決められていないのであれなのだが。2.5mmを基準に必要に応じて変換するというのがいろんなプレーヤーを持ったり試聴で試したりなんやりの時は便利そうですけどね(MEEのアダプタ便利そうやし)。ただ強度が心配だ…。
  • 珍しくER4Sを聞いたら結構良くって、これの上位というのか改良版のER4SRが欲しくなってきたり。finalのHeaven VIIとか1BAのものでいいやつをちょっと買いたいかもという熱にうなされつつあるので早く熱引いて欲しいw

ポタ研は多分行かないです。

*1:仕様よく見てないけど特に書かれてないから無いのかと…

下書きにするつもりがちょっとミスってた。書き足すかは未定ですがさすがに中途半端なので一旦下げときます。

https://www.focal.com/en/pro-audio/monitoring-speakers/professional-headphones/clear-professional
Clear Professionalだと…。イヤーパッドがピンクっぽくて一応プロ向けとはなっているがはたして…ケーブルは5mのカールと1.2m(3.5mmプラグ)のケーブルとこれまでのとも梱包物の仕様は違うようだけど。マスドロコラボのElexは置いといて、Elearが定価$999(今は値下げして$799くらい?),
Clear$1499で今度のClear ProがMoon Audioだと$1699のようで値段の違いはあるけど音的にはどうなんだろう。まあ多分いかないけど。
https://www.focal.com/en/pro-audio/monitoring-speakers/professional-headphones/listen-professional
Listen Proもあるけどこちらもケースの中とイヤーパッドがピンクでカールコードというのはわかるけどチューニングとかも変わってるんだろうか。

beyerのヘッドフォン T 1 2ndやDT 990 PROに限定黒モデル。DT 880 CHROMEも - AV Watch
ベイヤーのT1 2nd、DT880、DT880PRO、DT990PROのカラバリ。T1 2nd以外はTEACの通販サイトのみだけど、DT880はChrome仕様でマスドロのAll Blackとも違うのね。これも多分スルー。

https://www.massdrop.com/buy/massdrop-liquid-carbon-x-sdac-dac-amp
マスドロでLiquid Carbon X+SDACのが再販に。Cavalliはマスドロでは販売継続したいみたいなことを最後に書いてたと思うので今後も定期的に売るのかな? まああんまり数出てないようなので今後どうなるかわからないけど。(個人的にはDACは要らないかなと思ってこの機種はそんなによく見てないのであんまり深くは触れない…)

ニデオンの新しいケーブル(Expand)も出たようなのでいずれどこかで試聴したい…カールないのも作れる言ってたし。あと、3.5mmのプラグの高い方(ブラウンの)で凸部分があるバージョンも併売するようで、以前ミニミニケーブルをオーダーした時にあれば…となった。QP1Rでも使えるようにと凸あるのじゃないとというので3.5mmプラグの安い方(シルバーの)でオーダーしたけどいつかお金に余裕がある時にでも交換してもらおうかな…プラグ代+工費で結構高くなりそうだけどw

げぇ…

AUDEZE、密閉型平面駆動ヘッドホン簡易パッケージモデル「LCD-XC Music Creator Special」 - PHILE WEB
XCのクリエイターパッケージ*1は出ないのかい!とか書いてたら発売の発表が笑。連日なんかタイミングが悪い…。なんとか捻出して買ってしまうのもいいかなとも思わないんだけど、ヘッドフォン祭くらいまでもてばそこでさらに安く買えそうだしなあと思うといつまで経っても買えない笑。とりあえずもう一度重さを確認してからかなあ。LCD-Xの簡易パケ版もまだ売っているし期間限定とは…(まあいつまでとは誰も言っていないが)。単なる値下げなのか…。LCD-MX4の密閉版というのもあるのか…とか悩みだすと止まらなくなるのであんまり深く考えず買う決心とお金があったらいつか買ってしまうか(さすがに今月はないけど)。


音源については自分はあんまり言及しないけど、
待望の水樹奈々ハイレゾをCDと比較試聴! 名門ブランドのハイレゾ対応モデルでサウンドレビュー (1/3) - PHILE WEB
ついに水樹奈々ハイレゾ音源が配信になった。細かいことを言えば誰々と歌ったやつとかあの作品でのハイレゾ版はあったのでは?…とかなるかもしれませんが、個人名義では初ということで。人気があるのは知っているし、ハイレゾ音源で出して欲しいアーティストみたいな企画でも上位だったので*2それはそれで良かったねという感じだけど、ハイレゾ配信あると思わなくてこの間CD買ってしまったので様子を見てからにします笑。

*1:”クリエイターズ”と全部間違えてたので直しました

*2:これに関しては単に人気があるというだけじゃなくCDへの不満が大きいんだろうか…w